配列内の重複を削除する

更新日:

配列内の重複を削除する

 

ココがポイント

Dictionary(連想配列)の特性を活かし、重複を削除する!

オブジェクト

Dictionary

ポイント

本来 キーデータ を登録して、指定したキーのデータを取得する用途のオブジェクトである。

上記の説明からお察しの通り、同じキーを登録はできない。
※2つあった場合、どちらが要求しているデータかわからなくなるため

すなわち、同じ値を登録(Add)しようとするとエラーとなるわけである。
そこで、「On Error Resume Next」によりエラーを無視して重複しないデータ作り上げていく。
最後に作成したデータを返してあげる(Keys)だけである。

サンプルコード

関数をコピーしたらそのまま使えるよ!

-Macro

Copyright© Excel VBA 入門 | 業務改善 , 2020 All Rights Reserved.